Apple

iOS 13.2正式リリース iPhone 11 ProでDeepFusionに対応

f:id:jimmy69:20191029075555j:plain

本日10月29日より、アップルのiOS 13.2が正式にリリースされました。

今回のアップデートにより、iPhone 11 ProでDeepFusionが使えるようになります。

DeepFusionは、iPhone 11 Proに搭載されているA13 Bionicチップの性能を引き出し、1秒間の間に高度が画像処理を行い、1枚の写真を構成する技術です。

この秋後半に登場するDeep Fusionは、A13 BionicのNeural Engineによって可能となる新しい画像処理システムです。Deep Fusionは高度な機械学習を使って写真のピクセル単位での処理、写真のすべての部分の質感、細部、ノイズの最適化を行ないます。

Deep Fusionは、ユーザーが写真を撮るときになにかしら設定をする必要はなく、普通に写真を撮るだけでその機能を感じ取ることが出来るといいます。

The Vergeからの引用ですが、Deep Fusionが機能するにはある程度条件はあるようです。

1.標準の広角レンズは、明るい中程度の明るさのシーンにはAppleの強化されたSmart HDRを使用し、中程度の明るさから低い明るさではDeep Fusionが起動し、暗いシーンでは夜間モードがオンになります。

2.望遠レンズは主にDeep Fusionを使用し、Smart HDRは非常に明るいシーンのみを引き継ぎます。 (ナイトモードでは、カメラアプリに「2x」が表示されている場合でも、常に標準の広角レンズが使用されます。)

3.超広角では、Deep FusionまたはNightモードのいずれもサポートされないため、常にスマートHDRが使用されます。

引用:The Verge,Apple

関連記事